フォーリンアイズは小さめ国産希少なカラコン

フォーリンアイズで伝える本当の気持ち

恐らく私の予想では今後のカラコンはフォーリンアイズのような国産のタイプが増えてくるのではないかと思っています。当たるかどうかはわかりませんけどね。

カラコンのレンズ直径と着色直径について

フォーリンアイズのことを知る上で、というかそんなこと知ってるよって内容かもしれませんが、カラコンのレンズ直径と着色直径のことです。

レンズ直径(DIA)
単純に、レンズの直径の数値です。
着色直径
着色されてる(色がついてる)部分の直径です。

カラコンを選ぶ時に、このレンズの直径から選び始めることもあります。
一つ補足すると、これはレンズを潰さない状態で測った数値が一般的です。中には店舗独自に計測する場合、レンズを潰した状態で数値を記載しているところもあります。
ただ、その場合でも、その旨は記載があると思うので見逃さないようにしたいですね。
カラコンのレンズスペックにどちらも記載されてることがほとんどですが、中には、着色直径の記載がない場合があります。

フォーリンアイズのレンズ&着色直径について

では、フォーリンアイズのことを見ていきます。
レンズ直径は14.0mmなので小さい部類に入ると思います。これより小さいのになると13.8mmとかもありますが、黒目や瞳の大きさ、色によっては、ほとんどつけてるか分からなくなる可能性もあります。よく言われる「ばれないカラコン」どころではなく印象も変わらないのであれば、わざわざカラコンをつける必要もないですからね。
では着色直径はというと、これがカラーによって違うんです。
例えばボビーとミニボビーの場合ですと、

  • ボビーは13.2mm
  • ミニボビーは11.6mm

なんですね。
これは公式サイトに載ってる画像を元に書いていますので、実際の数値は誤差があるかもしれませんが、これくらい差があるということです。
つまり、レンズ直径で選ぶと、大事な着色直径を見ていないと、予想してなかったイメージになることもありえます。
フォーリンアイズの中からカラコンを選ぶなら、着色直径も比較しながら選びたいですね。

14.0mmカラコンなら大人っぽさも可愛さもフォーリンアイズで叶う

フォーリンアイズくらいのレンズの大きさのカラコンというのは、比較的年齢問わずつけやすいかと思います。
15.0mmとかに近づくと、盛れるのは盛れるんですが、どこにでもつけていけるかというと、それは人によると思いますが、難しいと感じる人も多いのではないかな。私は無理ですね。
せっかく1ヶ月使えるわけですから、できれば、毎日のようにつけれるほうがいいかなと。
14.0mmカラコンの印象というと、色によっては可愛さもあるし、大人っぽさ、クールさも出せるサイズではないかなと思ってます。
フォーリンアイズココブラウン
こちらはココブラウンと申しますが、可愛さときたら言葉にするのも容易ではありません。

フォーリンアイズが買える通販サイトは公式のみ

先に訂正しておきますが、ここから書いている内容は、かなり前に掲載していたもののため、現在はいくつかの販売店でも売ってるのを見たことがありますが。
予めご了承下さい。どうしても更新が間に合っておりませんので、その点ご容赦下さいますようお願い致します。
これほど多くあるカラコンショップですが、フォーリンアイズを買えるのは公式通販サイトだけなんです。
買う側としては、何か不安な点や疑問点があった場合にすぐに問い合わせもできますので、いろんな店で取り扱われてるメリットって感じませんので、私はそのほうがいいなって思ってます。
何店舗くらいあるのか知りませんが、数年前に比べると、カラコンを売ってる通販サイトって増えてるような気がします。
それも同じカラコンが複数のショップで販売されていたり。でも価格は一緒。そういう傾向ににあるのかなと感じています。
別にそれが悪いといっているのではなく、時に不便を感じるなって思ってます。
フォーリンアイズの公式サイトには、このような記載があります。
Fall in Eyez(R)の正規品は公式サイト、コールセンターのみで販売しており、海外の店舗販売は行っておりません。

 

ということです。
これってすごいことだと思います。
これだけ通販サイトが増えてくると、いろんなお店で売られてるほうが、たくさん売れそうな気がします、素人考えですが。
でも、公式サイトだけで通販で買えるというのはメリットがありますよね。
公式通販サイトだけで販売してるということに対する私の印象は、消費者のことを考えてるカラコンということです。
というのも、過去に通販サイトでいろんなものを買い物したことがある人は分かるかもしれませんが、自分が買ったお店がどこだったか分からなくなることがあります。
同じような店舗がたくさんありますからね。
買った後に質問しようと思っても、どこで購入したか忘れてしまったりということがあるんです。
明細なんかを残しておけばいいのかもしれませんが、そういうマメな性格ではありませんので。
ですので、そもそも購入できるのが公式サイトだけと分かっていましたら、そういう心配もありません。
それと安心感があります。
フリーダイヤルがあるのも嬉しいのですが、分からないこと、質問があっても、販売店とかがたくさんあると、中には、メーカーとかに確認しないと分からないみたいなことを言われることがあります。
でもここはよくある質問のコーナーも設けており、すばやく回答できる体制が整っているという印象を受けるのです。
カラコン自体が安全なのは間違いないでしょうけど、こういった店舗の運営姿勢が私は好きなんです。

今置かれてる立場を考えてカラコンを決める

このブログを読んでくれているのはだいたいは女性でしょうけど、それぞれ立場が違うと思います。
OLだったり中学生、高校生、大学生だったり、主婦だったり本当に立場は様々でしょう。
私が思うにカラコンというのは、その置かれてる立場も考慮しないといけないと思うようになったということです。
学生なら許されるようなカラコンであっても、会社員の女性なら絶対無理なデザインやサイズのカラコンはあると思うんです。
ですので、大切なものを犠牲にしてまで私はカラコンに依存する気はありませんので、まずは、ボスがどう思うかなど、人の考えそうなことをもうちょっと意識して理解したほうがいい気がするというだけです。


ホーム RSS購読